自転車は有酸素運動?

有酸素運動と無酸素運動の違い

ダイエットするなら有酸素運動でないと良くない。20分以上有酸素運動を行わないと脂肪が燃焼しないなどとよく言われています。では、自転車は、有酸素運動なのでしょうか?

そもそも有酸素運動と無酸素運動の違いは何か考えてみましょう。 無酸素運動の代表的なものは、短距離走、ダンベル、バーベル、そのた筋力トレーニングなどが該当します。運動による負荷が大きいものです。

有酸素運動の代表的なものは、ウォーキング、ジョギング、水泳、自転車などがあり、負荷が小さいものです。 運動の負荷によって、無酸素運動か有酸素運動か分けられるとも言えます。 人間の筋肉は、2つのエネルギー源によって動いています。

ひとつは、グリコーゲンという糖質です。もうひとつは、脂肪です。 瞬間的な強い力が必要な場合には、グリコーゲンを使います。 継続的で弱い力がかかり続ける場合には、脂肪が使われます。 また、グリコーゲンは筋肉に溜まっており、脂肪は体中に溜まっています。

脂肪を使う際に、酸素をもちいて燃焼させるため、継続的な弱い力で行う運動は 有酸素運動と呼ばれています。 逆に瞬発的な強い力で行う運動は、酸素を必要としない反応であるため無酸素運動であると言えます。

運動の負荷の大きさによってわけられる

有酸素運動の代表として、自転車を取り上げましたがこのことから自転車でもスピードを上げたり、坂を上ったりするような場合には有酸素運動ではなく無酸素運動となるといえます。

つまり、運動する種類によって分けられるものではなく運動の負荷の大きさによってわけられると言えます。

自転車の運動は、継続的な弱い力で行うことができやすいものであるため、有酸素運動の代表に入っていると言えます。 有酸素運動は20分以上必要!!と言われているのは、20分程以降から脂肪が燃焼しやすいためです。

ただし、20分にこだわらず長く運動すれば消費カロリーが多くなります。 また、無酸素運動のような瞬発的が負荷による運動でも筋力が鍛えられることで基礎代謝量が増え消費カロリーが増えることに繋がります。

肝心なのは無理をしないで継続できる範囲で行うことです。

楽しみながら継続してできる運動として自転車がお勧めです。